【悲報】プレ五輪、海外選手団ブチギレ セブン弁当にセブンカップ麺、野菜果物なし。生のフルーツ頼んだらシロップ漬けパック

    全体:9月:7週:0日:0

1 名前:スタス ★:2021/05/11(火) 18:06:33.96 ID:HRR2Gjok9
img_f7fbbb697e89bade07d9b6169c33f0a21123643 (1)ホテルに缶詰めで、食事はカップ麺…欧州選手団が怒った五輪前大会の低レベル
運営のやる気がまるで感じられない
(略)
選手らは厳しいコロナ対策の中で大会に臨んだが、宿舎から出られず缶詰め状態、食事は全食が弁当支給と、おいしい日本食を期待してやってきた選手たちからは「なんだこの食事は!」と失望や不満が続発。東京五輪が標榜してきた「おもてなし」を発揮するべきはずが、全て吹き飛んでしまった。

コロナ禍の日本国内で行われる「多数の外国人選手が出場する最終予選」として、五輪本番前の最初で最後の機会だったこのプレ大会。運営側のチカラが試される場面でいったいどんなことが内部で起こっていたのか。怒りの声さえも上がる中、おもてなしどころか運営側のやる気すらも感じられなかった状況を詳報する。
(略)
問題点3「揚げ物弁当とカップ麺ばかり」「炭水化物ばかりでお腹は膨れるが、フレッシュな野菜や果物が何もない。タンパク質もない」

チームスタッフが「東京にやっと着いた」というメッセージとともにInstagramに載せていた夕食の写真には、揚げ物ばかりの弁当とポテトサラダが写っていた。

いうまでもなくアスリートはコンディション維持のため、さまざまな食事制限や食べるべきものが決まっている。それにしてもこれではバランスが悪い。ところが運営側が「足りないならこれを」と持ってきたのはカップ麺。まったくピンボケな対応は選手らの怒りに火を注いだ。

その後も食事の供給をめぐっては、チームの希望と運営側の対応がチグハグな状態が続いた。納得できない選手らは自ら解決するため、慣れない日本語サイトを使って、外部から食料などを取り寄せたという。

「ビタミンが足りないので『選手用にフルーツジュースを』と頼んだら、届いたのは2日後だった」「弁当のラインナップに辟易した選手が、ウーバーイーツをホテルに呼んだ」「生のフルーツがほしいと言っているのに、シロップ漬けのパックが届いた」

https://president.jp/articles/-/45922?page=3
続きを読む

引き用元サイト: 痛いニュース(ノ∀`)

記事元url: http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/2008112.html

 - 痛いニュース

新着記事

  1. 【弁当屋事件】 弁当屋・キッチンDIVE、客との口論の詳細が判明
  2. ひろゆき「お酒はアルコールを摂取するために飲むもの。『お酒がおいしい』という人は嘘つき」
  3. 【五輪】選手村で福島県産など被災地の食材を積極活用へ
  4. 【ワクチン優先接種】スギ薬局が謝罪「秘書が勝手に依頼しました。会長は接種を希望しておりません」
  5. 【悲報】プレ五輪、海外選手団ブチギレ セブン弁当にセブンカップ麺、野菜果物なし。生のフルーツ頼んだらシロップ漬けパック
  6. 【動画】菅義偉、壊れる 国会騒然
  7. 【速報】小泉進次郎、盲腸で入院
  8. 竹田恒泰「五輪に反対してる6割さあ!じゃあ五輪見るなよ!!!感動すんな!!」
  9. 中国、第3次世界大戦の計画をしていた 6年前からコロナウイルスなど生物兵器を準備―米国調査機関
  10. 【東京五輪】池江璃花子、電通グループのマネジメント会社に所属していた 兄も昨年電通に入社
  11. 「あんた探しなさいよ」ヘビ脱走 近隣住民の怒り受け飼い主も懸命の捜索
  12. 【画像】 池江選手個人に対する大量の嫌がらせリプがこちら
  13. 横浜で逃げた3.5メートルのヘビ 今も見つからず 飼い主謝罪
  14. 【茨城4人殺傷事件】 逮捕された岡庭容疑者、過去に通り魔&放火30件&猫殺し&警察手帳偽造も
  15. 【新大久保】たまごかけごはん(800円)の店オープン「普段よりちょっぴりリッチな食体験」
  16. 男「けがで手が使えんから小便手伝って」小便に協力した女性20代、男の下半身に異変を感じたため通報
  17. 【東京五輪】 日本を含む全世界の五輪選手団にファイザー製ワクチン提供が決定
  18. 「ランニングのお供に」 文明堂、「補給食用カステラ」を発売
  19. 夜中に台所で見知らぬ男が勝手に食事 取り押さえたら意識失い死亡
  20. 【滅亡】 新しく発見されたインドのN440K株、従来種より15倍の毒性を持つと専門家が発表
  21. 英国BBC「なんで日本人はコロナ対策予算で巨大イカ像を作っているんだ…?」
  22. 東京の映画プロデューサー、コロナの激痛で病院訪れるも定員オーバーで帰され自宅で死亡
  23. 女性「不倫中の自分が映り込んでるから削除して」 YouTuber「削除してほしいなら15万円払え」
  24. 【画像】セブンイレブンの駐車場にセブンイレブンを建てた結果
  25. 39歳エリート男性、初デートで“1万2000円”すし懐石ランチを頼まれ交際終了へ
  26. 【悲報】 青山のおしゃれカフェ、ラブライブの舞台に選ばれる→オタク襲来→店主「断ればよかった」
  27. インドから帰国後、療養中に男性死亡
  28. 女性が後ろを振り返ったところ、50メートル先で男が立っていたという事案が発生
  29. 「変異種は野外でマスクしてても感染する」西村経済再生担当相
  30. 「撮影は既に済んでいる」…加護亜依、ギャラ1億円でSODからAVデビューか