ホワイトハウス周辺で謎の音波攻撃疑惑が浮上。国防総省やCIAが捜査に着手

    全体:270月:230週:45日:10

アメリカ、ホワイトハウス周辺で音響攻撃疑惑「ハバナ症候群」が浮上、国家機関が調査に乗り出す
photo by Pixabay

 2016年のこと、キューバの首都ハバナにある大使館に勤務するアメリカやカナダの外交官たちが、次々と原因不明の体調不良を訴えた。突然耳をつんざくような高音ノイズが聞こえ、頭痛、めまい、記憶障害といった症状が現れたという。

 この症状は「ハバナ症候群」と呼ばれており、マイクロ波を使用した音波攻撃によるものと見られているが、真相はわかってはいない。

 そして今回、アメリカのホワイトハウスのすぐそばでも、謎の音波攻撃が発生した可能性があるという。

 原因不明で、真偽のほども定かではない怪事件だが、アメリカの政治の中枢で起きてしまった事実に関係者は神経を尖らせているようだ。 続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: https://karapaia.com/archives/52301763.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 「邪眼」を避ける1500年前のお守りが再発見される(イスラエル)
  2. 「ガオーッ!」子猫はそのとき猛獣と化した?体調を崩した猫をお医者さんに連れて行った結果
  3. 脳は9つで心臓3つ、青い血を流し高度な知能を持つ驚くべき生命体、タコの知られざる9の事実
  4. 股の力が凄い!スイカの股割りで世界新記録を出したボディビルダー
  5. 猫様専用物件。鳥の映像が流れるテレビ付きのゴージャスなワンルームを作り上げた飼い主
  6. 世界初、両腕両肩を移植した男性が驚くべき回復を遂げる
  7. 酸味とコクが癖になる!台湾風豆乳スープ「鹹豆漿(シェンドウジャン)」と揚げパンの作り方【ネトメシ】
  8. 上腕筋パネェ!筋肉マッチョなカンガルーにホールドされたら回避不能
  9. これまで見ることができなかった生物学的構造を見ることができる量子顕微鏡が開発される
  10. ゴミ箱は敵!ゴミ箱を見かけると体当たりして倒そうとする犬
  11. 薬物依存症を克服した女性、同じ悩みを抱える人たちに希望を与えるため自身のビフォア・アフターをシェア
  12. 炎天下のチンパンジー「早くちょうだい!」と大口を開けて飲み物をねだる
  13. 大麻を嗅いだロブスターは死の苦痛から逃れることができたのか?科学的に検証してみた
  14. 自分の家の入口に車を停められた農場主が激怒、重機を使って車をひっくり返して強制撤去
  15. わからないことはネットのみんなが解決してくれる。博識なユーザーが結集して問題解決してくれる「これ何?」スレッド
  16. 最高は85文字!まるで呪文のような世界で最も長い地名ベスト10
  17. 牧羊犬の本能すごい!衝突事故で行方不明になっていた犬、数日後に羊の群れをまとめようとしていたところを発見される
  18. うつ病の治療に笑気ガスが有効であるとする研究結果。うつ症状が緩和されることが判明
  19. もっと!もっと!モフられたい子羊のエンドレス催促がかわよ
  20. SF映画を見ているようだ!月面での居住地をリアルに体感できるショートフィルム「Life Beyond Earth」(ESA・NASA監修)
  21. 愛猫「もっともっと!なでなでカモーン!」背中をカキカキされるとつい最高にエキサイトしてしまう猫
  22. 地球最古の水は20億年前のもの。カナダの地下深くで発見される
  23. 生まれたてのアルパカの姿があまりにも違い過ぎるとネットが驚愕!まるでゾンビのようだった
  24. 生まれたてのアルパカの姿があまりにも違い過ぎるとネットが驚愕!まるでゾンビのようだった
  25. 知能指数が高い人は全員数学が得意というわけではない。メンサで出題される問題を解いてみよう!
  26. 小さなやさしさが心に大きく響く。思いやりのある隣人に恵まれた12人の物語
  27. 学校内に野生のボブキャットが現れた!生徒全員が避難するも、迷子の飼い猫だったことが判明
  28. ストレスは遺伝する。マウスの父親は精子を介して子孫にストレス反応を伝えていることが判明
  29. 北極海の流氷に取り残されてしまった犬、一週間以上たって発見され無事救出される
  30. 人気番組「刀剣の鉄人」で切り刻まれた肉はその後どうなるのか?スタッフがおいしくいただいているのか?