ライトセーバーかよ!2km以上離れた場所まで光が届く超強力な懐中電灯(追記あり)

    全体:0月:0週:0日:0

pen1_e

image credit:photo by youtube

 停電のときや夜間に外出するときにあると便利な懐中電灯。これからの季節、キャンプなどのアウトドアや肝試し大会、怪談話をするときなんかにも役立つだろう。

 暗闇の中、人間の顔を懐中電灯で下から照らすとめちゃホラーになるしな。

 そんなわけで夏に必携のアイテムなのかもしれないが、さすがにここまで高性能だと何に使うんだ!?と悩んでしまう超高性能な懐中電灯が存在するようなんだ。
続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52275819.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. オンリーインド?線路で料理をする人々の姿に世界がびっくり
  2. これもある種のASMRなのか?ワニがスマホをバリボリ食べる音が絶妙(要音声)
  3. 犬の保育園に部屋が2つある理由。性格に応じて別けられていた
  4. 夜道を歩く時、男女で見ている場所が異なることが判明
  5. 置き配されたタコスを盗み食いしていたアライグマの開き直り
  6. 植林に取り組んだアメリカ東部の地域が、回復した森林によって気候変動から守られていることが明らかに
  7. 「オーエ!オーエス!こっちが勝つよ!」サバンナの岩の上と下で、子ライオンたちの綱引きが始まった!
  8. 脳を刺激して特定の記憶を呼び戻す技術「記憶プロテーゼ」を開発
  9. バッキンガム宮殿より大きい、40年間放置されたままの「サセックスの幽霊屋敷」
  10. ピンポーン!ここ開けて!お隣さん大好きなラブラドール、ドアベルをマスターしてオヤツのおねだりに通う
  11. 洗車場の従業員に車の窓からカップの飲み物を投げつけた客に対し反撃の汚物は消毒じゃ~!
  12. 備蓄がすぎる!リスが電柱の中に貯めた大量のドングリがあふれ出す様子をご覧ください
  13. 飼い主が留守中に犬がとった行動がせつなすぎて、「ひとりでおいてかないで」の声が続出
  14. 頭のてっぺんのあなで呼吸をしていた3億8000万年前の古代魚の化石を発見、
  15. 頭のてっぺんのあなで呼吸をしていた3億8000万年前の古代魚の化石を発見
  16. こんな動画だけ見ていたい。スマホを見ていた猿が甘えてきた子犬をいたわる
  17. もし光速で移動したら人体にどのような影響を及ぼすのか?
  18. どうしてドアを開けてくれニャいの?閉店時間に間に合わなかった愛猫、納得いかずにぼやきまくる
  19. イースター島で既知のどの文字体系にも属さない未解読の文字が刻まれた木板が発見される
  20. 私だけ似てない。孫娘に頼まれDNA検査キットを購入した祖母だが、このことが原因で家族に亀裂
  21. 一緒に遊びたいだけなのに!一時預かりの犬、ウサギにちょっかいを出そうとしたら先住犬に怒られた
  22. 客室の荷物棚からウジ虫が降ってくるという悪夢。飛行機は急遽引き返す
  23. 危機一髪!柱の1つを倒してしまった男の子に説教するママンに訪れる悲劇
  24. 心痛。野生の虎が人間が水飲み場に捨てたペットボトルを片づける
  25. 1700年前のニワトリの卵を発見。中身も黄身と白身が混ざった状態で残されていた
  26. 「うっさい、鳴くのをやめろ!」吠え犬たちに注意するヨウム(要音声)
  27. パトカーにこっそりGPSをつけ、自社トラックの取り締まりを逃れていた運送会社の社長が逮捕
  28. ペットの預かりボランティアをしている女性、保護ウサギに心を奪われ正式な飼い主に。その後ウサギは子猫シッターとして活躍中
  29. 我々が現実にある最大の脅威に対応できない10の理由
  30. 暗闇で光る植物が米農務省に承認され販売開始に。発光キノコの遺伝子を組み合わせたもの